[PR] キャッシング 月から零れ落ちた31音 | 2006年09月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 |   TOP↑
tanka***092
束縛が愛だと信じ生きている窮屈な世の中の人々



スポンサーサイト
2006.09.27 18:56 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***091
目が覚めて眺めるメール君の声聴こえてきそうなあったかメール

2006.09.24 02:00 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***090
ものすごく丁寧に名を呼ぶ人とそろそろ恋に落ちそうな秋

2006.09.19 09:51 | 未分類 | comment[2] trackback[0] TOP↑
tanka***089
終点とアナウンスされているのにボタンを押していっそうひとり




2006.09.12 18:30 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***088
薄くなるアイスコーヒー見つめつつ君の言葉は聞こえない振り

2006.09.12 18:27 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***087
ラブホテルベッドの上で泣きました不倫相手の気持ちってこう


2006.09.12 18:26 | 未分類 | comment[2] trackback[0] TOP↑
tanka***086
愛がないセックスしたことあるかって訊ねる君はきっとあるのね


2006.09.12 18:25 | 未分類 | comment[2] trackback[0] TOP↑
tanka***085
育てなきゃいけないものがあるはずで君とふたりで見つけてみたい


2006.09.12 18:24 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***084
コーヒーのカップの底に残る夜いつものカフェで待ってるね


2006.09.12 18:24 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***083
星よりも月が好きな女だってさよならしても忘れないでね


2006.09.12 17:59 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***082
「また明日」言葉を抱きながら眠る明日まで同じ夢みていたい

2006.09.12 13:57 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***081
やさしさに満ち溢れてた日々だった別れ際にはすがってごめん

2006.09.12 13:56 | 未分類 | comment[2] trackback[0] TOP↑
tanka***080
コーヒーが好きだと言ったあの人のこと想いつつ淹れるカフェオレ


2006.09.12 13:08 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***079
まだ行ったことのない土地の話をあなたから聞く時間が好きよ

2006.09.08 17:50 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***078
恋人と電話しながら上ってく階段5階もう死んでいい?

2006.09.08 17:49 | 未分類 | comment[2] trackback[0] TOP↑
tanka***077
歩道橋の上から見下ろす光は飛び込みたくなるくらいきれい

2006.09.08 17:47 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***076
桃色の世界を君と歩いてた突然白くなるとは知らず

2006.09.08 17:47 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***075
手帳からピンクの文字が消えてゆき君と別れたこと告げられる

2006.09.08 17:46 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***074
あの人の終業時間5時まではここにいさせてここで泣かせて

2006.09.08 17:33 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***073
リセットはできるはずないする気ないあの一瞬は永遠だった

2006.09.08 17:33 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***072
流星がいっせいに降る夜あればそれらすべてがあなたの想い

2006.09.08 17:32 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***071
ネクタイを締める仕草がとても好きだからベッドの上で泣かない

2006.09.08 17:31 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***070
トイレ用のカレンダーを買ってきて言葉が何も載ってないやつ

2006.09.08 17:30 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***069
夢はただ君の革靴磨くことそれだけだったそれだけだった

2006.09.08 17:28 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***068
ふり返りふり返りバイバイをするこれが最後のような気がして
2006.09.08 17:20 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***067
札幌の空は高くてポプラの木の間で君とかくれんぼする


2006.09.02 17:59 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***066
この恋が本物かどうかなんてこと他人にわかるわけないでしょう

2006.09.02 17:57 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***065
果たせない約束がいくつもあって口だけ男の君が好きよ


2006.09.02 17:56 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka**064
ねぇハニィひと夏だけの恋じゃなく秋冬春と共に歩もう



2006.09.02 17:55 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
tanka***063
河川敷デートをしていたあの頃はあなたをもっと好きだったはず

2006.09.02 17:51 | 未分類 | comment[0] trackback[0] TOP↑
プロフィール

市ノ瀬 桜 

Author:市ノ瀬 桜 
23歳 / A型 / ふたご座
歌人を目指してる大学生。
趣味は短歌と大声で言いたい。
北海道から短歌を発信中。
短歌同人誌「かばん」に所属。
カフェ巡りが好きで、最近はお気に入りのカフェにこもって短歌を作ってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。